細菌の力|不足しがちなカルシウムをサプリメントで摂取|ゴクンと一粒飲もう

細菌の力

女の人のウエスト

健康に役立つ細菌

地球上には数え切れないほど無数の細菌が生息していますが、動物の腸内を住処にしている細菌の事を腸内細菌と呼びます。腸内細菌は大きく分けると善玉菌、悪玉菌、日和見菌の三種類に分けられ、そのバランスによって宿主の体調に大きな影響を及ぼします。この腸内細菌の中でも善玉菌の代表格とも言える細菌が乳酸菌であり、これはブドウ糖から乳酸を作り出す事ができる細菌の総称です。乳酸菌と一口に言っても酸素の中でも生きる事ができる菌や逆に酸素の中では生きられない菌等様々な種類があります。 この乳酸菌はヨーグルトやチーズのような乳製品の中だけではなく漬物や味噌といった発酵食品にも豊富に含まれています。腸内では乳酸菌は一週間程度しか生きることができないため、健康管理のためにはなるべく毎日これらの食品を摂取する事を心掛けたいです。

腸内に与える影響

乳酸菌は腸内環境を良くしてくれる細菌です。腸内環境は宿主の体調にダイレクトに影響を与えるためそのバランスを整える乳酸菌はとても重要な役割を担っています。生きた乳酸菌は悪玉菌の増殖を抑える効果があります。発酵と腐敗は本来同じ現象の事ですが人体に良い影響をもたらす場合は発酵、逆に悪い影響をもたらす場合は腐敗と区別しています。腸には免疫システムが多く集まっているため、乳酸菌を多く摂取する事で悪玉菌の増殖を抑える事は免疫力を強化して様々な感染症を予防する事に繋がります。 最近では生きた乳酸菌を腸内に届ける事を謳っている健康食品も多く見かけるようになりました。腸内に直接届ける事ができれば非常に効果的ではあるのですが、例え胃酸で死んでしまった乳酸菌であっても腸内で善玉菌のエサになる事ができるため摂取する事はとても有益です。毎日の健康管理のために摂取する事はとてもお薦めできるので、日々の食事や健康食品等から自分に合った方法で補っていきましょう。